ノンシリコンよりもノンサルフェートに注目‼︎


こんにちは。

今回は、質問の多いサルフェートについてお話します。

ヘッドスパでご来店下さったお客様のお悩みの中で、市販品を使用すると地肌が痒くなるなど、お顔と同様に敏感に反応してしまう方は少なくありません。

そんな方に注目してもらいたのは、“ノンシリコン”よりも『ノンサルフェート』なんです。

海外では、既にノンサルフェート(サルフェート不使用)の製品が多いのですが、日本では、まだまだ、注目されないのが現状です。

サルフェートとは、硫酸系化合物で、シャンプーの洗浄剤として使われる合成界面活性剤です。

髪や地肌に刺激があり、アレルギー性、発がん性があると言われています。

 

*シャンプー類でのサルフェートの意味

サルフェートとは硫酸系化合物
製品の裏にある成分表示に、「ラウリル硫酸ナトリウム」や「ラウレス硫酸ナトリウム」などが‟サルフェート”のことです。

シャンプーの洗浄剤として使われる合成界面活性剤で、髪や地肌に刺激があります。

市販のシャンプーの成分表示を見ると、水の次に載っているくらい含有量が多いかと思います。

しなやかな髪にするとか、ダメージヘアにというシャンプーも例外ではなく含まれています。

注)ラウリル硫酸ナトリウム
ラウリル硫酸ナトリウムは陰イオン性界面活性剤の1つで、ドデシル硫酸ナトリウムとも呼ばれます。


サルフェートは、乳化剤や発泡剤、洗浄剤として、日用品では歯磨き粉、シャンプー、髭剃りクリーム、泡風呂、リキッドファンデーションなど、主に泡立ちのいい物に使用されています。

※但し、これらは安価で仕上げる為に、一般的に市販品に使用されます。

 

地肌に悩みがある方や、身体のことを気にする方は、ノンサルフェートの224BEAUTYのクレンジングジェルがオススメです♪

 

GRAMERCYでは、お客様に使用する全ての基礎化粧品やオイルは、成分に拘り、厳選しております。